債務整理 無料相談

債務整理をした場合、ローン返済中の車はどうなるの?

 

ローン返済中の車は債務整理をした場合どうなってしまうの!?
車は残るものなのか?取られてしまうものなのか?気になる人は多いのではないでしょうか?

 

 

  • 仕事上、どうしても車が必要な人
  • 子供の送り迎えで必要な人
  • 介護で車が必要な人
  • 身体が不自由で車が必要な人
  • 車がないと交通手段に困る所に住んでいる人

その他にも、車がないと生活が困難になってしまう人は少なくないと思います。

 

 

いったい、ローン返済中の車はどうなってしまうのか?

 

【任意整理】編、【個人再生】編【自己破産】編に分けて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

【任意整理】編 ローン返済中の車と扱いについて

 

ローン返済中の車を任意整理する場合は、
車のローンを整理対象に含めなければ車を残す事が出来ます。

 

ですが、残ったローンは今までどうり
返済を続ける必要があります。

 

 

 

ローン返済中の車も整理対象に含めた場合は、
所有権留保という条項(代金が完済 されるまで引渡しの終えた目的物の所有権を留保するもの。)で
ローン返済中の車の所有者はローン会社または購入した車屋(ディーラー)になっている為、
車は担保の対象になり、処分や引き上げになる場合もあります。

 

ですが、所有権留保がつかない車のローンであれば
車を手放さずにローンも整理できます。
※(銀行や信用金庫などのカーローンの場合)

 

 

 

 

 

【個人再生】編 ローン返済中の車と扱いについて

 

個人再生する場合は、返済中の車のローンも整理対象に
望む、望まないに関わらず整理対象になります。

 

なぜかというと、個人再生は住宅ローン以外の債務を整理する再度なので
住宅ローン以外は整理の対象となります。

 

その場合、所有権留保という条項で車を失うことになります。

 

 

 

所有権留保がないローンの場合は車を残こすことは出来ますが
個人再生の場合で許される財産の保有は返済額以下しか認められないので、

 

個人再生後の返済額が150万円だった場合、
車の価値とその他の財産の合計が150万円以内であることが車を残す条件になります。

 

 

また、保持したい財産が150万円を超えてしまった場合でも、
超えた分を150万円にプラスして返済すれば財産保有を認めてもらえます。

 

 

 

 

【自己破産】編 ローン返済中の車と扱いについて

 

 

自己破産をする場合は、返済中の車のローンも整理対象になるので
所有権留保がある場合は自動車を失います。

 

そもそも自己破産は、借金を全て免除(無くす)制度で
所有している資産は全て整理の対象となります。

 

 

自己破産した場合の所有権留保がないローンでも
破産手続きの中で、車は売却されてしまいます。

 

 

ですが、車の査定価格が20万円を下回る場合は、
車の保有が認められます。

 

 

 

 

 

返済中の車のローンまとめ

 

 

返済中の車のローンについては
一般的な債務整理では、上記で記したような
内容となっております。

 

しかし、本人の事情や理由(車がないと生活が困難になってしまう)などで
裁判所や債務者の判断で車の所有が認められる場合もあるので
なんともいえないことが多いです。

 

 

ですので、裁判所や債権者の判断で
個人再生や自己破産をしても、車を残してもらえる場合もありますし、
処分や引き上げになる場合もあります。

 

 

返済中の車のローンの債務整理は
所有権留保がからんでとても複雑です。

 

ここで悩んで一歩を踏み出せないという方は、
一度、匿名で無料相談をしてみて、専門家に詳しく相談してもらった方がいいでしょう。