債務整理の無料相談窓口

返済金額が高く全然生活するお金がありませんどうしたらいいですか

 

生活するお金が無いくらいまで返済に追い込まれているのであれば
個人再生や自己破産を考えるべきです。

 

 

個人再生と自己破産とはなにか?

 

国が用意している債務生理方法の2つで
まず、自己破産からお話をしたいと思います。

 

 

自己破産とは財産が処分される代わりに
借金をゼロにする方法です。

 

ですが、自己破産は聞いただけではメリットのように
思えますがデメリットもあります。

 

 

分かりやすいデメリットをいくつかお話いたします。

 

1.クレジットカードが使用できなくなる
クレジットカードを7年間使用できなくなるのと、
7年間新しくクレジットカードを作ることが出来なくなります。

 

2.ローンが組めない
7年間ローンが組めない状態になり
車や家などローンが組めないので一括で購入しなければなりません。

 

 

3.家族に自己破産を知られることになる
ローンが組めないことや資産を売却しなければいけない為
隠そうとしても家族にばれることになる。

 

 

 

次は個人再生についてお話いたします。
この方法は「家のローンも払っているし、
家族が住んでいるので手放したくない」という人の場合にオススメしております。

 

この債務整理方法は借金の総額が5分の1〜10分の1にまで減らすことができます。
たとえば300万の借金であれば60万まで減らすことが出来ます。
そして残った借金に対しての利息は発生いたしません。

 

 

さらに、住宅や車、生命保険などの財産を裁判所側から競売や処分されることもありません
ですので、家族に知られる心配もありません。

 

 

この事から個人再生の方がメリットがある様に思えますが
個人では手続きがとても難しいので債務整理を専門としている弁護士に依頼することをお勧めいたします。