債務整理の無料相談窓口

借金を払いきれず、催促の電話・一括請求の手紙が届いて来てます

 

 

すぐにお支払いが出来ない場合にとっておく行動

 

病気や怪我、失業中などで働くことが出来ないなどの
何か理由があり、支払いが困難な場合は
一人で抱えようと思っていても、いい結果は生まれにくいです。

 

「救済処置を受けるためにとにかく相談」

 

 

催促の電話や一括請求の手紙を送ってきた
債権者が違法な取り立てを行っている業者の可能性もあります。

 

違法か合法かで支払う義務があるのかどうかも決まってきますし
返済期間が長い場合は過払いの可能性もあるので
まずは、債務整理の相談に乗ってもらいましょう。

 

 

 

自己破産はしたくないのであれば
任意整理と個人再生が行えます。

 

 

 

任意整理は、債権者との個別交渉によって借金の整理を行う方法で、
基本的に以下の3つのステップで行われます。

 

1.債務調査を行う
2.整理案(支払い計画)を作る
3.業者との交渉

 

任意整理は自分一人で行うことが出来ますが
精神的余裕が無ければ難しいかもしれません。

 

実際、債務者が債権者に「任意整理がしたい」とお願いしても、
だいたいの場合は相手にされないでしょう。
やはり弁護士などの専門家を通したほうが無駄な時間や労力を省くことが出来ます。

 

 

 

 

 

個人再生

 

生活の基盤である自宅を守りながら救済措置を守るというものになります。
申し立てをすると2〜3ヶ月後に再生計画案の提出期限が指定され、
債権者の書面決議、意見聴取手続きを経て、開始決定後約2ヶ月で認可決定が下ります。

 

自己破産とは異なり、借金が全額なくなるわけではありませんが、
上に記述した任意整理と比較すると大幅に減額されることが特徴です。