債務整理の無料相談窓口

家を手放さなくても良いのですか?

 

借金の返済が苦しく
自己破産を考えているが
どうしても家を手放したくないと
考える人も少なくないと思います。

 

 

債務整理をする上で
自己破産をすると財産が処分される代わりに
借金をゼロになります。

 

もちろん家や車、土地など価値のあるものは
すべて債権者に分配されます。

 

 

しかし、任意整理や個人再生など
家を手放さなくても借金問題を解決する方法もあります。

 

 

個人再生についてお話いたします。
この方法は「家のローンも払っているし、
家族が住んでいるので手放したくない」という人の場合にオススメしております。

 

この債務整理方法は借金の総額が5分の1〜10分の1にまで減らすことができます。
たとえば300万の借金であれば60万まで減らすことが出来ます。
そして残った借金に対しての利息は発生いたしません。

 

 

さらに、住宅や車、生命保険などの財産を裁判所側から競売や処分されることもありません
ですので、家族に知られる心配もありません。

 

 

この事から個人再生の方がメリットがある様に思えますが
個人では手続きがとても難しいので債務整理を専門としている弁護士に依頼することをお勧めいたします。

 

 

 

任意整理について

 

 

払いすぎた利息を返還してもらい、
将来の利息をカットすることで借金を減らします。

 

金利のみ無くし、借りた借金は全て返済する
金利が無くなり借りた分だけの返済が出来ますので早く返済できます。

 

整理対象の業者を個別に選択できる
会社から借金していて債務整理を知られたくない、
そんな場合は当会社を整理対象から外すことが出来ます。

 

手続きが簡単、裁判所を介さない
任意整理は裁判所を介さずに手続きを進めることが出来ます。
簡単で時間のない人には最適です。
ですが、個人で交渉すると債権者に断られる可能性の方が高いので
弁護士に依頼することをお勧めいたします。

 

 

任意整理には条件があります

 

一定の収入がある
残金を3〜5年で返済する意思がある
借金総額に制限なし(任意整理経験者の平均借金総額:約450万円)

 

借金総額が140万円以下の場合は司法書士、
それ以上であれば弁護士と相談しながら手続きを進めるのが賢明です。